新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

山種美術館、note始めます。

こんにちは。山種美術館です。
当館は1966年に日本初の日本画専門の美術館として開館し、2009年からは東京・渋谷区広尾に施設を構えて活動しています。

016山種美術館外観090815K-001734-2 (c)Koike Norio 2009


このたびのコロナ禍を機に、世界は大きく変わりつつありますが、当館でも、従来の活動を見直すとともに、ニューノーマル時代に即した、新しい美術館のあり方を求めて、さまざまな試みに取り組んでいます。

まず、昨年の春に緊急事態宣言が出された際には、ご自宅でも当館のコレクションに親しんでいただけるよう、さまざまな所蔵作品を気軽に楽しめるコンテンツ「おうちで日本画」のご提供を開始しました。

画像1


また、昨年の秋には、思い切ってクラウドファンディングに挑戦し、目標額をはるかに上回るご支援をいただくことができました。
このプロジェクトには872人もの方々が参加され、ご支援とともに、あたたかいご声援をお寄せくださいました。私たち美術館のスタッフにとって、皆様のお言葉がどれほど励みになったことでしょう。ご支援者の皆様には心から感謝しています。


今年に入ってからは、オンライン講演会にも挑戦。第1回目は3月20日に開催しました。Zoomウェビナーを使用した初のイベントで、接続や操作上のトラブルが起こりはしないかとヒヤヒヤでしたが、何とか無事乗り切ることができました。

ちなみに、次回のオンライン講演会は画家のアトリエからの生中継に挑戦します!


また、これまでは展示室内で実施していたギャラリートークもオンラインに切り替え、動画をYouTubeで公開しています。


そして、新年度となる4月からは、noteを始めることにしました
当館はこれまで、ニュースレターや機関誌の類を発行していなかったのですが、WebサイトやSNSの活用に加えて、今後はnoteを通じた情報発信も行っていきたいと思います。

展覧会のご紹介はもちろん、講演会やギャラリートークといったオンラインイベントのご案内やレポート、さらには当館が所蔵する日本画や画家についてのコラムなど、さまざまな記事を投稿していきたいと思います。どうぞお楽しみに!




この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山種美術館

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!今後も当館のnoteを応援していただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

元気とパワーをいただけます!!
1966(昭和41)年、日本初の日本画専門の美術館として開館。 2009(平成21)年、渋谷区広尾に移転、新美術館としてオープンしました。 創立者・山﨑種二の「美術を通じて社会、特に文化のために貢献する」という理念を受け継ぎ日本画の魅力を発信する美術館です。