マガジンのカバー画像

山種美術館紹介記事まとめ

18
山種美術館を紹介いただいた記事をまとめてご紹介します。
運営しているクリエイター

#美術館

聴くアート噺8(DJAIKO62)水のかたち展・山種美術館

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(26:00)は購入後に視聴できます。

noteでの公開は全話、standfmでは開催期間が終了したものを有料設定としています。spotify、st…

300
DJAIKO62
3か月前

聴くアート噺9(DJAIKO62)山種美術館・Cafe椿

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(17:34)は購入後に視聴できます。

noteでの公開は全話、standfmでは開催期間が終了したものを有料設定としています。spotify、st…

300
DJAIKO62
3か月前

桜と、美人画と、花鳥画と。 山種美術館に、松園さんに会いに行く。

桜の開花同様に楽しみにしていたのが 山種美術館開館55周年記念 「上村松園・松篁—美人画と…

和と洋と。雪うさぎの可愛さには敵わない~Cafe 椿~

和菓子を食べに行ったはずだった。 美術館という場所にはちょこっと特別に思い入れがある。そ…

甘味料
8か月前

美術展の思い出 2

山種美術館をご存知だろうか。 日本画を鑑賞するとしたら、欠かせない美術館のひとつである。…

あすか
9か月前

#キュレーターバトル #ナゾすぎる をまとめました。

NHKびじゅつ委員長 @nhk_bijutsu のツイッターが繰り出す“お題”に、全国の美術館・博物館…

醍醐の桜を恵比寿で愛でる

豊臣秀吉が花見をしたことで有名な京都・醍醐寺。その名物たる桜を昭和時代中期に描いた《醍醐》は、日本画家、奥村土牛の仕事の中で最もよく知られる作品の一つだろう。東京・恵比寿の山種美術館で開かれている「奥村土牛―山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾―​​」で、このほどじっくり見る機会を得た。 本物の桜以上に慈しむ気持ちになれる この作品と改めて向き合ってよくわかったのは、「これは本当に〝 じっくり〟見るのに値する絵画だ」ということだった。花びら一枚一枚に存在感があり、間近でな

スキ
12

奥村土牛〜山崎種二が愛した日本画の巨匠 第二弾〜

週末は久しぶりに用事で都内へ。 山種美術館へ行ってきました。展覧会、丁度初日でした。 行…

毎年1月3日に山種美術館に行く理由

人はたいていある程度歳をとると、着物、落語、歌舞伎に能、京都の寺社めぐりなど、何かしら和…

かごとも
2年前

祖父が好きだった絵画をみるために弟と美術展へ行った話①

山種美術館で現在開催されている、『桜 さくら SAKURA 2018 —美術館でお花見!』へ行きました…

318
4年前