見出し画像

電子書籍版『山種美術館所蔵 速水御舟 作品集』販売開始のご案内

山種美術館

2022年9月2日より電子書籍版『山種美術館所蔵 速水御舟 作品集』(2019年山種美術館発行)の販売を開始します。
こちらの記事ではその書籍をご紹介させていただきます。

山種美術館の速水御舟コレクション全120点を掲載した完全保存版の作品集です。

代表作《炎舞》、《名樹散椿》(いずれも重要文化財)をはじめ、《錦木》など初期の作品から《牡丹花(墨牡丹)》など晩年までの作品を、画家のことばと共に掲載。充実した内容となっています。国内外で屈指の御舟コレクションの全貌を、この作品集を通してお楽しみくださいませ。

概要

山種美術館所蔵 速水御舟 作品集

価  格:1,155円(消費税込)
仕  様:全134頁/掲載作品全120点/2019年山種美術館発行

※固定レイアウトとなるため、タブレット端末推奨です。
※私的使用の範囲内でのご利用をお願いします。

Kindleストアほか電子書籍販売サイトにてお求めいただけます。

販売電子書店一覧

Amazon(Kindle)


紀伊国屋書店


楽天Kobo


BookLive!


honto


Reader Store


auブックパス


iBooks Store

専用アプリからお求めください。

理想書店


目次

第一章 画塾からの出発
The Start: Out of Painting School

第二章 古典への挑戦
Tackling the Classics

第三章 十ヶ月にわたる渡欧と人物画への試み 
Ten-Month Trip to Europe and Experimenting with Human Figure Paintings

第四章 更なる高みを目指して
Aiming for New Heights

作品リスト
List of Works

速水御舟について

速水御舟
『新美術館開館記念特別展 速水御舟―日本画への挑戦―』(山種美術館 2009年10月)より画像転載

速水御舟(はやみぎょしゅう)
1894-1935年

東京に生まれる。旧姓蒔田、本名栄一。松本楓湖に師事。巽画会、紅児会に参加。1914年、今村紫紅らと赤曜会を結成。同年より再興された院展で活躍。初期の南画風から細密描写、象徴的作風、写実と装飾を融合した画風と次々に新境地を拓き、1930年の渡欧後は人物画や水墨画など新たな分野にも挑戦した。

メディア掲載情報

美術ブロガー Takさんの「青い日記帳」で紹介いただきました。

関連コンテンツのご案内

こちらも合わせてお楽しみください。

以上、電子書籍と関連コンテンツのご案内でした。
ぜひお手元のスマホ・タブレットからも山種美術館の速水御舟コレクションをお楽しみください。

山種美術館


この記事が参加している募集

おうち時間を工夫で楽しく

私のイチオシ

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山種美術館

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!今後も当館のnoteを応援していただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。